非認知能力について

About non-cognitive skills

「非認知能力」とは

IQや学力といったテストなどで評価している能力を「認知能力(cognitive skills)」と言います。一方、物事に対する考え方、取り組む姿勢、行動など、日常生活・社会活動において重要な影響を及ぼす能力を「非認知能力(non-cognitive skills)」と言います。

「非認知能力」が重要視されるきっかけとなったのは、ノーベル経済学賞受賞者のジェームズ・J・ヘックマンらの研究チームが、幼児期の特別な教育が及ぼす影響について、社会的リターンをもたらしている要素はIQテストで評価されてきた能力=「認知能力」ではなく、IQテストで評価されてきた能力以外の能力=「非認知能力」であるとし、幼児期に「非認知能力」を育成することの重要さを経済学の立場から示したことです。この研究発表により、世界中で「非認知能力」に焦点を当てた様々な研究が行われるようになりました。

OECD(経済協力開発機構)では、2015年に「非認知能力」の定義を公表し、PISA(国際的な学習到達度に関する調査)にも反映しています。

日本では、各省庁がそれぞれの観点から、新しい時代に求められる能力概念の定義を行っており、その定義には「非認知能力」と解釈できる要素が多く含まれています。文部科学省は、新学習指導要領の「育成すべき資質・能力の三つの柱([知識および技能][思考力・判断力・表現力など][学びに向かう力、人間性など])」等で「非認知能力」育成の重要性を説き、能力向上の取り組みを進めています。経済産業省においては「社会人基礎力」を提唱する他、非認知能力成長支援ツールの実証や導入に補助金を交付するなど、官民が連携した動きも加速しています。

一方で「非認知能力」にはいまだ学問的に統一された見解がなく、当財団ではそうした現状も踏まえ、研究を進めてきました。ここでは、「非認知能力」とはどのような能力なのかを掘り下げ、当財団が考える「非認知能力」の概念について解説します。

01

「非認知能力」とは、特別な能力なのでしょうか?

特別な能力ではありません。

「非認知能力」について、これまで知られていなかった新しい能力、あるいは特別な能力だという印象を持たれる方も少なくないのではないでしょうか。しかし実は、「非認知能力」とは私たちがこれまで重要と捉えて意識的に育成してきた能力や、日常的に習得してきた能力のことであって、特別な能力ではありません。

例えば学校生活では修学旅行やクラブ活動だけではなく、日々のカリキュラムにおいても、生きていくために重要な力の育成が組み込まれていますが、これらは「非認知能力」の育成と捉えることができます。

チームで目標を達成するためには、自分の考えを発信するだけでなく、相手の事情に配慮し、自分とは異なる意見や提案を柔軟に受け入れたり、それらをじっくりと考え、時には客観的な立場からメリットやデメリットを予測することなども求められるでしょう。これは学校でも職場でも同じです。さらにトラブルが起きれば、何が原因なのかを考え、解決する過程で様々な工夫をする。挫折しそうになってもあきらめずにやり抜く。一方で、状況によっては、潔くあきらめて行動を切り替えることも重要です。たとえうまくいかなかったとしても、同じ失敗を繰り返さないためにはどうすればよいかを考え、失敗を糧にして前進することができれば、人は大きく成長します。

イメージ

このような身近な経験の積み重ねの中で養われるものが「非認知能力」なのです。仲間と協力し合う経験だけでなく、一人で取り組むことにより育まれることもあり、発揮される場面も様々です。

02

「認知能力」と「非認知能力」、どちらが重要なのでしょうか?

どちらも重要です。

冒頭で紹介したヘックマンらの研究チームは、テストスコアのみで測定した「認知能力」と、学問的な頭の良さや賢さへのこだわりが、人的資本介入の評価に深刻な偏りを引き起こしていると指摘しています。 これはつまり、「非認知能力」に対する評価が過小であったことへの反省を込めて、評価対象として、これまで以上に「非認知能力」に着目すべきであることを意味しているのです。決して「認知能力」よりも「非認知能力」の方が重要であるとか、「認知能力」は必要ない、といった意味ではありません。

物事に興味を持つと疑問が湧き、調べてみると、知識=「認知能力」が増えます。新たな発見があり、知識が増え、理解が進むと学ぶことが楽しくなります。学びによって自信がつき、知識を役立てたい、貢献したいという意欲が湧くと、さらに新たな興味や疑問が湧き、知識が増え、またさらに学びたくなるという学びの循環が生まれ、「認知能力」、「非認知能力」ともにより高次に発達していくと考えられます。

イメージイメージ

このように「認知能力」と「非認知能力」は密接に関わりながら高まっていくものなので、切り離してどちらか一方が重要と言えるものではないのです。

イメージ

03

「非認知能力」は、大人になっても育成できるものなのでしょうか?

大人にも伸ばせる能力はあり、能力向上は一生涯続きます。

幼児期に「非認知能力」を育成することが最も効果的であるということは、多くの研究で取り上げられており、「非認知能力」は幼児期で全てが決まるという情報も見受けられます。「認知能力」と同じように「非認知能力」も幼児期において柔軟に吸収しやすいことは間違いないでしょう。 性格もまた、幼児期にある程度形成され、その後容易には変化しないと言われています。 性格=「非認知能力」と捉えている研究もあり、この観点からは、大人になっても育成できるとは言い難いかもしれません。

しかし、自分に不足している部分に気づき、周囲の人からの助言を受け入れ、他者の優れたところを吸収するなどして、考え方、姿勢、行動を変えていくことで、大人になってからでも伸ばせる能力はたくさんあるはずです。 アメリカの心理学者アンジェラ・L・ダックワースは、成功者に共通するGRIT(やり抜く力)の指標を提唱し、「非認知能力」は、大人になっても身に付けることができると言っています。

イメージ

子ども向けのプログラムとしては、自制心・意思決定・コミュニケーション・問題解決のスキルを育成するSELプログラム(社会性と情動の学習)が有名ですが、アサーショントレーニング(自分も相手も相互に尊重するコミュニケーショントレーニング)、アンガーマネジメント(自己の感情を理解し、怒りへの対処方法を身に付けるプログラム)、コンセンサス実習(合意形成を行いながら課題を解決する力を身に付けるプログラム)など、大人向けのプログラムも多数あります。

また経済産業省においても、人生100年時代に職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力として「社会人基礎力」を提唱しているように、幼児期以降にも生きていくために重要な力の育成は大切であり、「非認知能力」の向上は一生涯続くと考えられます。

04

「非認知能力」を当財団はどのように考えているのでしょうか?

能力に特化した独自の構成要素に分類しました。

これまで述べてきたように生きていくために重要な力=「非認知能力」ですが、学問的に統一された見解が存在しないことから、当財団では概念を一般化するために、内閣府、文部科学省、厚生労働省、経済産業省、およびOECDが提唱する新しい時代に求められる能力や、様々な文献をもとに、独自に概念を整理し、能力の要素を次の(1)〜(3)の「認知能力」および(4)〜(20)の「非認知能力」に分類しました。

その際、一旦備わった性格は幼児期以降は容易には変化せず、一概に優劣も決め難い(例:社交的な性格と内向的な性格の良し悪しなど)のに対し、能力は生涯育成可能であるという立場から、性格的要素と能力とを区別し、能力に特化した定義付けを行っています。

認知能力

  • (1)基礎学力

    全ての学習を成立させるうえで必須の基礎的な知識や技能

  • (2)基礎的な知識・技能

    社会の変化や科学技術の進展等に対応するために必要とされる知識や技能

  • (3)専門性・専門知識

    「基礎学力」、「基礎的な知識・技能」をベースとした、個々の特性に応じた特定の領域に関する高度な知識と経験

非認知能力

  • (4)問題解決力

    論理的思考力の要素である「物事の意味を正しく捉え、自分の理解度や対応できる範囲を把握したうえで、問題解決に当たることができる力」をベースとし、自分で考え、本質的な問題を発見し、解決策を立案する。さらに、それを臨機応変かつ適切に対応しながら遂行(実行し成果を出す)することができる力

  • (5)批判的思考力

    論理的思考力の要素である「主観的な事柄と客観的な事柄とを区別したうえで、根拠に基づいて判断し、さらに、筋道立てて考えることができる力」をベースとし、他者および自分の考えに対して熟考し、先入観にとらわれずに、俯瞰的な視点から考えることができる力

  • (6)協働力

    異なった環境や立場にある複数の他者と、助け合ったり、譲り合ったりして、お互いを尊重し合いながら、同じ目標や目的を達成できる力

  • (7)コミュニケーション力

    お互いの気持ちや感情を理解・尊重し合いながら、適切なタイミングや表現方法で自分の感情や意思を伝えたり、他者を受け入れたりして、信頼関係を築くことができる力

  • (8)主体性

    自分の意志や判断によって責任をもって行動する姿勢、および遂行しようとする意欲

  • (9)自己管理能力

    自分の目標や目的を達成するため、または集団のルールの中で自分の役割を果たすために、自分を律し、管理し、自己を分析することができる力

  • (10)自己肯定感

    自分のあり方を積極的に評価できる感覚、および自分の価値や存在意義を肯定できる感覚

  • (11)実行力

    「目的のために行動する力」をベースとし、自分または集団の目標や目的の方向性を適切に見極めたうえで、計画を立案し、遂行することができる力

  • (12)統率力

    他者の行動を統制して集団をひとつにまとめ、その集団を率いて全体の目標や目的の達成のために行動することができる資質や力

  • (13)創造性

    突然出現するものではなく、長い年月を要する基礎的な努力に加え、熱中して物事に取り組むことや様々な経験を積み重ねた結果として築かれるもので、新奇で独自かつ生産的な発想を考え出すこと、またはその姿勢

  • (14)探究心

    物事の本質を捉えようとする姿勢、および本質や意義について、より掘り下げて見極めようとする意欲、および好奇心

  • (15)共感性

    他者と喜怒哀楽の感情を共有すること、またはそれらを感じ取ることができる感性。自然、生き物に対する愛情や畏敬の念

  • (16)道徳心

    道徳を守る心。善悪を判断し、善を行おうとする心

  • (17)倫理観

    人として守り行うべき道、倫理的(善悪・正邪の判断において普遍的な規準となるもの)な考え方や捉え方

  • (18)規範意識

    道徳、倫理、および法律等の社会のルールを守ろうとする意識

  • (19)公共性

    価値観が違うと思われる組織、集団、社会での自分の役割を理解し、その責務を果たそうとする姿勢

  • (20)独自性

    独自の観念で行動しようとする姿勢。新しいアイディアや他者と異なった感性を生かすことのできる力

当財団では、「非認知能力」に関する研究を行い、
レポートを公開しておりますので、是非ご覧ください。

Japan Institute of Lifelong Learning
topへ戻る