サステナビリティ

Sustainability

当財団のSDGsの取り組み

Well-beingが切望される人生100年時代、Society5.0の生涯学習は既に新しいステージに移行しています。
その世界的に重要な取り組みの一つが国連の提唱するSDGs(Sustainable Development Goals)です。

当財団では、「非認知能力(non-cognitive skills)」の概念や有効性の研究を実施してきました。その成果もふまえながら、教育の幅を広げる取り組みをフォローする活動を行い、SDGsに取り組む企業(機関)と学校(教育現場)を繋ぐ橋渡しを担えればと考えております。そして、どこでも誰もが等しく教育を受けられることを目標に、これからの教育の可能性について調査・研究を行っていきたいと考えています。

イメージ

Japan Institute of Lifelong Learning
topへ戻る