非認知能力に関する研究レポート

Report on non-cognitive skills

企業で活躍するための「非認知能力」<概要版>

当財団における「非認知能力」の概念に関する考察の研究成果をもとに、企業で活躍するための「非認知能力」の測定研究を行った。

非認知能力を測定するために「問題解決力」「批判的思考力」「協働力」「コミュニケーション力」「主体性」「自己管理能力」「自己肯定感」「独創力」の8尺度を開発し、一般企業の正社員・役員を対象に2度調査を行った。因子分析によって、これらの8尺度は、「協力して成果を生み出す力」「主体的創造的に道を開く力」「批判的に問題を解決する力」という三つの因子によって説明されることが分かった。さらに、これらの因子が、職場における個々人の置かれている状況をどのように説明するかを検討した。

Japan Institute of Lifelong Learning
topへ戻る